モテない男は女に振られてもヘコまないメンタルを直ぐにでも身に付けろ!

正直に俺の過去を告白します・・・

俺の暗くて悲惨な暗黒青春時代俺の青春時代はとても暗かった。ニキビ面をした短小包茎チビの俺は、とにかく学校で女からモテた経験をしたことがなかった。俺をゴミのように扱う女もクラスに何人かいたし、一時期は女子達からイジメられているのかな?と本気で悩んだこともあったくらいだ。

その癖に、恋愛や彼女が欲しい願望が強く、常に気になる女に対してアタックするという無謀な行動をしていたのだ。つまり、好きになった女に告白するという事だ。

女に告白して振られた回数は1回や2回の話ではない。数十回単位で女に振られ続け、結局は小学生時代から高校卒業まで全く彼女が出来ないという伝説を残したのだ。

ナンパの世界には「数打てば当たる」という格言があるが、思春期における学生時代において俺はそのような理論が全く通用しなった事になる。当たっても当たっても結局は玉砕する。正に悲惨な学生時代である。

その時の気持ちを思い出すと今でも悔しい。周りのイケメン達は直ぐに彼女を作り処女マン貫通しまくっているというのに、俺は童貞のままなのだから・・・

家に帰ればモンモンとした気持ちを発散する為にオナニーばかりしていた。母親に部屋がイカ臭いからどうにかしろ!と叱責された時は本当に死にたいという気持ちになった。

屈辱的という気持ちと見事な敗北感が見事に俺を支配していた。

2016年現在。俺はある意味で立派な大人なったと実感している。何故なら、今では女に困らないヤリチン人生を送れているからだ。ルックスに関しては相変わらずのブサメンにも関わらず、見事にセフレを量産している。

俺はある意味であの暗くて屈辱的な暗黒の青春時代を経験したからこそ、今ではヤリチン人生を送れているのかもしれないと思っている。

何故なら、俺は青春時代に女に対してアタックして振られた経験を数十回経験したからだ。つまり、女に告白して振られても精神的なメンタルが全く崩れないのだ。

俺は基本的に少しでも脈がありそうな女であれば、路上でも飲み屋でもイベントでもネットでも容赦無くその女にアタックする。もちろん、目的はセックスである。

断られることも普通に多いが、中にはセックスまでヤラせてくれる女も確実に存在しており、最近では肉食系女子の増加によって本当に手軽にセックスさせてくれる子も増えた。

俺の最近のナンパ成績は年々上がっている。去年は300人の女とセックスしたし、今年は既に160人程度を達成した。この人数を多いとか少ないとか感じるのは人それぞれだが、俺からしてみれば満足の行く数字だ。

極論かもしれないが、女とセックスする為の極意とは数をこなす事だと私は思う。そして、断られてもシカトされても折れない心(メンタル)を持ち続けることが本当に重要なのである。

是非とも、女にモテない人生を送っている方は女に断られても、強くいられるメンタルを持つように努力して欲しい。

浮気や不倫でリスクを犯すならテレフォンセックスを覚えよ!

ベッキーとゲスの川谷から始まりファンキー加藤の衝撃W不倫騒動。

更に、笑点の円楽による熟年不倫スキャンダル。

日本の芸能界は浮気や不倫にまみれていると言わざるを得ない状況には私も少し驚いている。

まあ、芸能人なんてのは所詮は貞操概念のない小金持ちの成金なのだろう。他人のパートナーに猿のような性欲で近付き奪いセックスを楽しむ獣なのだ。

私は芸能人や有名人の浮気や不倫を法律により厳罰化するべきだと感じている。少なくとも執行猶予付きの有罪判決くらいは可すべきだろう。

何故なら、芸能人や有名人というのは、これまた馬鹿なメディアに洗脳されやすい男女に強い影響力を持っているからだ。

ベッキーやファンキー加藤が浮気や不倫すれば、その事実を知った若者達が自ら浮気や不倫に手を染めるのだ。

巷では、浮気や不倫ブームが起きているらしいが、正に有名人や芸能人の度重なる不倫や浮気スキャンダルが強い影響力を与えている。

これは間違いなく問題だ。マスコミは視聴率が取れるからと言って面白い可笑しくベッキーやファンキー加藤、円楽の不倫スキャンダルを垂れ流すが、本当にマスゴミは腐っている。

やはり、マスゴミも成金の馬鹿な人間。できれば、このよのゴミとしてロケットにでも括り付けて宇宙ゴミとして打ち上げるべきだろう。

浮気や不倫に手を出す男女にはテレフォンセックスを覚えてもらいたい。テレフォンセックスなら肉体的な接触がないので、いくら抜いても浮気や不倫には該当しないメリットがある。

また、相手探しに関してもツーショットダイヤルという優れた仕組みがあるので困らない。リアルで大切なパートナーを奪われる事がなくなれば日本は平和なのである。

浮気や不倫は俺からしてみると犯罪行為だ。犯罪者になるくいからテレフォンセックスを覚えるべきだ。

 

草食男はもう卒業しよう!景気は完璧に回復している!女達は男のマラを求めてます

草食男は卒業しよう女の子と付き合うなんて興味がない。デートは金が掛かるだけだし、同棲なんてしたら家賃やら光熱費やらで生活ができない。

それに、女なんて三次元じゃなくてもネットやアニメで二次元で十分・・・

こんな考え方の男性が世の中に出現してから、どれくらいの月日が経つでしょうか?彼等はメディアなどで草食男子と呼ばれて半ば批判気味にネタにされて来ました。

私も一時期は彼等に共感したり時期もありました。世の中はリーマンショックの煽りを受けて大不況の真っ只中。

求人はなくなり、正社員でも容赦ないリストラの嵐が待ち受けている。日本国内のサービスは全て冷え込みましたね。そりゃそうです。金がなければ消費なんで出来るはずがありませんから。

しかし、2016年現在になっても未だに草食男子を貫いている人は少しヤバいかもしれませんよ。

無策な政策を続けた民主党政権が大敗退してから自民党が推し進めたアベノミクス。日経平均株価は一気に爆上げして民主党時代から一気に二倍以上の上昇を演じた。

為替は平均水準に戻り、雇用は一気に回復。何と2016年現在の大卒の雇用率はサブプライム問題が出る以前の高水準を超えて来たとニュースになっていました。

つまり、世の中(日本)の景気は完全に回復したのです。

私はこのブログで経済とエロの関係性について何度と述べて来ましたが、繰り返しますと景気が上昇すれば基本的に世の中の女達はエロくなるのです。そして、景気が悪くなれば比例して女達はエロくなくなる。

世の中の女達がエロくなれば、二次元なんて低次元なオナネタで満足する必要はありません。リアルな三次元のオマンコにあなたのマラをぶち込みまくるべきなのです。

実際に、ツーショットダイヤルや出会い系サイトでも最近の女達はとにかく発情してますからね。まるで動物の発情期を見ているみたいです。

草食男子に成り下がっている人がいたら、直ぐにでも考えを改めて下さい。2016年はリーマンショック後の世界とは全てが変わったのですから。

バブル女が登場する確率がまたしても低下!外国人投資家から見放されたアベノミクス相場

2016年4月28日の相場(株)は本当にアベノミクスの脆弱性を露呈した動きとなった。

恐らく、事前に予想していた人も多いと思うが、日銀会合によりこの日は追加の金融緩和政策が発表されると予想されていたが、見事に黒田日銀総裁は金融政策の現状維持を前場が終わった直後に発表して為替が約3円も円高に向かった。

当然、後場の日経平均株価は大暴落。前場は250円程度上がっていた日経平均株価だが、後場には約600円も暴落してしまった。また、当然の結果だろう。

この日の終値は何と624円安・・・日経先物ベースで見れば1000円以上の大暴落を演じた事になる。ハッキリ言って個人投資家の多くが株取引の怖さを知ったのではないだろうか?

アベノミクスはどうやら残された切り札がかなり少ないようだ。

事前にリークされたマイナス金利の更なる拡大だが、このニュースは結局の所「デマ」だった事になる。

デマのニュースで日経平均株価はここ数日かなり回復していたが、今回の日銀会合でデマがデマであると確定されたから大暴落。

この動きから見えてくるのは、日本株というのは本当に外部要因により簡単に乱高下してしまうし単なるカジノとして扱われているのでは?という点だ。今回の大暴落で日本株はかなり作られた相場である事が多くの人々に認識されたと思う。

私は日本にバブル景気が再来する事を数年前から期待している。しかし、残念ながらその夢はアベノミクス相場程度では叶わないのかもしれない・・・という落胆に変わりつつある。余りにも脆弱で弱々しい日本株の値動きを見ていると、日本人の国民の姿を映し出しているようにも感じてしまう・・・

恐らく、日本株に投資している外国人投資家達は既にアベノミクスは失敗だったとの評価を下しているだろう。後は、どのようにして売り抜けるか・・・つまり日本株を手放すかについて考えているに違いないだろう。

私はバブル景気に狂ってエロ化する日本の女達を見たかった。そして、男女共に浮かれて金よりセックスを謳歌する明るい日本人が見たかった。しかし、それは今後数十年いや数百年は叶わないのかもしれないと本気で思い始めている。

恐らく、2020年の東京オリンピックまでに日経平均が80年代の3万8900円を超えられなかった場合は、日本にバブルは一生訪れないと思う。

男に依存する女は高確率でヤリマンだが同時にリスクも考えてセフレ化するべき!

男に依存する女。世の中には間違いなく男に依存しないと平常心が保てない女性が存在します。

恋愛体質

セックス依存

男を切らせた事がない

上記のような女性は間違いなく男性依存体質です。また、彼女達の多くは一般的に言われるメンヘラ気質の女性である事が多いのも特徴的だと言えるでしょう。

セフレ化を狙って女性達を物色する上で、上記で述べた男性依存体質の女性を口説くことは私の経験上から言うと間違いなくセフレ量産しやすい女性です。

特に、セックス依存気味のメンヘラ女なんてのは、セックスする行為をまるでデパートの試食と同等レベルに考えている女性ばかりなので、セックスまで行き着くスピード感は半端ではありません。

ですので、基本的に男性依存体質でメンヘラ気質な女性に出会った場合は積極的にセフレ化を狙うべきだと私は思っています。

しかし、そこには一つだけ注意点があります。それは、男性依存及びメンヘラ気質の女性というのは、セックスすると確実にその男に依存するという点です。

告白もしてないのに付き合っている事になっていたり、四六時中男性を拘束するなんて当たり前のようにして来ます。

中には、勝手に個人情報などを調べあげて自宅を突き止めたり、実家などを特定して半ばストーカー化する可能性もあります。

男性依存、メンヘラ女性はハッキリ言って深入りすると、非常にややこしい存在になるケースが多いのです。下手すれば日常生活がままならないレベルに自分の行動が制限されるなんて場合もあるでしょう。

ですので、ナンパ初心者の方にはこの手の女性はオススメできない。簡単にセフレ化できる事は間違いありませんが、ナンパ初心者さんがメンヘラ女性のリスクを上手く回避できるとは思いませんからね。

しかし、ナンパ中級者や上級者の方なら話は別です。メンヘラや男性依存女性もセックスチャンスと考えて即を狙うべきです。

簡単にセフレゲットできる代わりに依存されるリスクを伴う。この関係性をしっかりと頭に入れて男性依存女性とは付き合って行くべきです。

初対面の女性との電話に緊張する人はツーショットダイヤルがオススメ!

女性との会話で対面だと普通に喋れるんだけど、何故か電話で会話すると緊張して喋れなくなってしまう。こんな悩みを持っている人は結構多いようです。

このような電話での会話だと何故か緊張して言葉が出てこない・・・

今回はそんな悩みを持つ方へのアドバイスを送りたいと思います。

まずは、対面だと緊張せずに女の子と喋れるという事実に注目すべきです。これは明らかに視覚効果が影響していると言えるでしょう。つまり、あなたは女性の顔や体が目に入ると体がリラックスした状態になるように脳が働くのです。

これは完全に慣れの問題であり、あなたが過去に多くの女性と対面して会話した事による「脳の慣れ」が影響して緊張しないという状況を作り出しているのです。

逆に、電話での会話だと緊張してします。これもある意味で、同じ理屈で説明できます。つまり、あなたは電話で女性と会話するというシチュエーションを極端に経験していないのです。

まあ、男性は長電話などを好まない人が多いですから、女性との電話経験が少なくてもなんら不思議ではありません。

では、この状況をどうすれば打開出来るのか!答えは非常にシンプルです。

女性との電話を数多く経験すれば良いだけの話です!しかも、初対面の女性との会話を出来るだけ多く経験すべき。あなたはこの経験を重ねることにより脳が女性と会話すると緊張するという指令を断ち切る事が出来るのです。

しかし、一般的に初対面の女性とガンガン電話できる状況なんてなかなかありませんよね?そこで利用したいのがツーショットダイヤル番組なのです。ツーショットダイヤルは今非常に盛り上がっており、大手の番組であればまず同じ女性と連続して電話が繋がるなんて事はありませんからね。

この好条件を思い切り利用してとにかく不特定多数の女性達と電話で会話しまくれば良いのです。

女性との会話に慣れてきたら、遊び要素を取り入れてテレフォンセックスを楽しんでも良いでしょう。会話だけでは飽きて来ますからね!とにかく自由に楽しくツーショットダイヤルを使っていれば、自然に電話で女性と会話する事に緊張はしなくなるでしょう。

日本は不況なのか?それともアベノミクスで実はバブルなのか?

何だか、2016年に入り日本経済は激しく揺れています。流石はアメリカの犬と言ったイメージで、世界経済に素直に引っ張られて暴落する日本株。

恐らく、日本の個人投資家で素直に日本がこれから良くなると思って長期的な投資を行なう人は皆無なのではないでしょうか?

安い所で買って、少し上がったら利益確定する。そんなトレードをする人が圧倒的に多い気がします。

しかし、日経平均株価はまだ15,000円代を保っています。アベノミクスが始まる前の日経平均株価は約8,500円程度でしたから、そこから比べれば日本株は2倍以上を3年間も保ったという事になります。

もしかすると、現場の日本と言うのはバブル景気なのかもしれませんよ?

多くの方が
バカな事を言うな!
と思うかもしれませんが私は本気です。

80年代の日本はバブル景気に沸いたと言われていますよね?しかし、その当時をリアルで経験していた大人達の大多数の人々が、誰もその現状がバブルとは感じていませんでしたからね。

ごく普通日常生活を送っている人が圧倒的に多かったのです。

ハッキリ言って、酒池肉林をリアルで経験した人はほんの一握りの人達だった。

これって、アベノミクス相場も同じだと思いませんか?株をやってる日本人なんて全体の2割程度です。残りの8割の人々は為替や日経平均株価なんて何も気にしてないんです。

今は不況なの?バブルなの?ハッキリ言ってそんなのは個人の感覚でしかないのです。

株式や経済アナリストは総じて詐欺師です。適当に占いをして人気を集めて金儲けしているだけ。

私は思います。お金なんて人生に関係ないと考えて生活してる人が最大の成功者だと。

次に世界経済崩壊!黒田のマイナス金利は日本に巨大なダメージを与えた!

日銀の黒田総裁と自民党の党首である安倍晋三はどうやら、戦犯になってしまうかもしれない。

世界経済が崩壊の入り口に足を踏み入れたからだ。

現在の世界経済には深刻なリスクが2つあった。それは、原油の大幅な安値更新と中国経済の成長の減速である。

2016年に入ってから、日本経済は上記の原油安と中国景気に翻弄され、メチャクチャな乱高下を繰り返した。連日のように日経平均株価は数百円の下落。

普通ならリバウンドするものだが、殆ど株価のリバウンドが無く下落を続けた。今思えば、これは大口の投資家の正しい判断だったのかもしれない・・・

その結果、日経平均株価は一気に3,000円以上もの暴落である。

そして本日・・・昨日の段階でドイツの平均株価が暴落し、それに連動して欧州全体の株価も下落した。当然のようにアメリカ株も暴落で始まる。アメリカ株に関しては170ドル程度の下落で済んだが、問題はドル円相場である。

世界の株価と連動するように下がった為替は何と114円。

ハッキリ言って洒落にならないレベルの暴落である。

この水準の為替ラインは日本の株価を支えるのにかなり重要な支えとなっており、どうにか115円を守ろうと日銀総裁と安倍晋三が打ち出した政策がマイナス金利の発動であった。

この政策が発表されると、直ぐに為替と株価は反応をみせた。しかし、その後、日経平均株価はマイテンしてしまった。まあ、先週的には爆上げとなったのだが私はこの相場にかなり違和感を感じていた。

そして、本日悪い予感が現実のものとなった。

日経平均株価は何と918円の大暴落だ・・・特に銀行株や証券株などは2桁パーセントも暴落している銘柄もある。私は長年株価チャートを見ていたが、今回の大暴落はリーマンショックレベルかそれ以上の恐怖にお感じる。

何が恐怖かと言えば、日経平均株価は日銀と日本政府による大規模な金融緩和政策により作り上げられた株価水準だからである。それが、世界の不況の煽りを受けると簡単に暴落して日本政府が守りたい大切なラインを簡単に暴落させたのである。

私は何か恐ろしい世界的な経済崩壊の暴落が待ち構えているような気がしている・・・

噂によれば取引額が数百兆円にも及ぶドイツ銀行が、この先に破綻するのでは?との噂も流れている。もし、これが仮に本当だったとすればリーマンショックやサブプライムローン問題の非ではないレベルの経済崩壊に繋がるだろう。

そこへ中国株の崩壊が来たら日本株はどうなるだろうか?恐らく民主党時代の日経平均株価7,000円を割り込んでもおかしくはない。

なんだか悲観的な記事になってしまったが、私は妙に嫌な予感を感じているのだ。

ツーショットダイヤルの通話料金がフリーダイヤルで完全無料のセブンティーズコール

今回はツーショットダイヤルを利用する上で避けて通れなかったスマホや携帯電話の通話料金を完全無料で楽しめるセブンティーズコール系列のツーショット番組についてお話ししたいと思います。

セブンティーズコールと言えば、ツーショットダイヤル業界の中でもかり老舗の番組として有名ですが、数年前のツーショットダイヤルブームの時に番組何故か余り広告展開などをせずに、かなりマイナーなローカルツーショット番組として成り下がっていた時期がありました。

しかし、2015年の10月くらいからでしょうか?

急激にセブンティーズコールの宣伝が大々的に開始され始めたのです。しかも、その中身はかなりパワーアップして完全にリニューアルされているから驚きです。

ハッキリ言えばセブンティーズコールは今時珍しい新規のツーショットダイヤル番組と言っても過言ではありませんからね。

さて、このセブンティーズコールですか、かなり濃厚な番組構成となっています。

その中でも今回注目したいのがラブコールと呼ばれるセブンティーズコール系列のツーショット番組です。

このラブコールですが、何と番組を利用する時の電話番号が全てフリーダイヤルの番号となっています。つまり、この電話番号は全て通話料金が無料で楽しめるという事です。

しかも、驚きなのがラブコールの番組利用料金です。

何とツーショットダイヤルコーナーと伝言ダイヤルコーナー全てが一律100円となっているのです。

一般的なツーショット番組の利用料金でも一分辺り120円から150円程度ですからね。それが、通話料金が無料で100円で楽しめるというのは、コスパを考えると最強レベルだと言えるのではないでしょうか?

また、ラブコールは4つの専用ジャンル回線が用意されており、それぞれに47都道府県分のツーショット電話番号が用意されているのも魅力です。

4つのジャンルに関してですが、下記の通りです。

即アポ!セフレ熟女ツーショットがコンセプトの

「タブー」

SMプレイ・ツーショットダイヤル専門の

「SMスナイパー」

変態エロ専門のテレフォンツーショット

「プレミアム」

恋人・理想の女性探し専門の

「チャンス」

このようにテレフォンセックスも出会いもカバーしている独自のコンセプトのツーショットダイヤル番組がラブコールの中には用意されています。

テレフォンセックスもテレクラ感覚の出会いも近所の女性にダイレクトに電話を繋いでくれますので、女性探しもかなりスムーズに行うことが出来ます。

2016年のツーショットダイヤルは確実に狙い目だと思う!

皆さん!あけましておめでとうございます!

2016年も「暇人」な私が適当な暇なネタをダラダラと綴って行きますので適当に見流して頂ければと思います!

今年の干支は「さる年」

私の個人的な目標としては「下半身サル」状態となって世の中の女達と手当たり次第にパコりまくる年にしたいと思っています!

そんな私から今回は2016年度のツーショットダイヤル業界についてザックリと予想して行きたいと思います。

私の予想では2016年は誰もがツーショットダイヤル番組さえ使っていれば自分の思い通りのエロい出会いが達成できる年になると確信しています。この流れは既に去年の12月くらいから顕著に現われていますからね。

大きな原因としては、ツーショットダイヤルの桁違いな知名度アップが挙げられます。本当にここ2~3年になてツーショットダイヤルを利用する男女が増えたと思いませんか?私の感覚では既に出会い系アプリよりも圧倒的にツーショットダイヤルの方が有名になって来ている気がしますからね。

もう1つの原因として挙げられるのが出会い系サイトの人気低下です。これは間違いなくハッピーメール運営会社の社長が逮捕された影響だと言えるでしょう。あの事件は確実に出会い系サイト利用者の感情をネガティブにしましたからね。

その出会い系ユーザー達が2016年は本格的にツーショットダイヤル番組に流れてくると確信しています。ですので、出会いを求めている男性にも女性にも幅広くチャンスを与えてくれると確信しています。

ですので、エロい出会いを探している方は徹底的にツーショットダイヤル番組をマークして行きましょう!最近はセブンティーズコール系などが新規番組を本格的に稼動しており、新規ツーショット番組の増加もかなり期待できる感じです。

まずは自分にマッチしたツーショットダイヤルを探し出しましょう。

その上で、何個かのお気に入りツーショット番組をキープしておくと良いでしょう。それぞれのツーショットダイヤルの最大のメリットを利用した上で理想のエロい女性を徹底的にキープしまくる!出来ればLINEのID交換やメールアドレス交換も狙って行けば効率的にアポ数をこなす事が出来るでしょう。

連絡先の交換を徹底的に意識して女性との繋がりを増やして行けば、自ずと出会いの数も比例して増加して来るでしょう。つまり、パコる数も増えて行く!2016年はそんな繋がりがザクザクと簡単に量産して行けると私は予測しています。

様々な要因が重なって2016年のツーショットダイヤル業界は爆発的なバブルを起すと確信しています。